窓ガラスの修理・交換は、誰にでもできるものではありません。なぜなら、専用の器具・技術が必要となるため、素人では経験・器具が足りず不可能であるからです。しかし、軽傷であれば可能です。ここで言う「軽傷の修理」とは、小石がコツンと当たったり、荷物を運んでいる際に当たってできてしまった、直径5mm以下程度の補修であり、このレベルであれば修理可能です。すなわち、応急処置と言われるレベルではありますが、放置しては危険な場合に役立ちますのでぜひ覚えていてください。それ以上のヒビ・傷となれば、窓ガラスの強度自体を下げてしまっている可能性もあるため、触れるという行為が危険を伴います。また、あくまでも応急処置であるため、なるべく早く専門のガラス業者に修理・交換を施してもらうことが必須となります。

テープによるひび割れの補修方法

最も簡単な窓ガラスの補修方法として、市販のガムテープなどでの補強が挙げられます。ガムテープの性質は、紙製のものよりも布製の方が適しています。ただし、ガムテープの欠点として熱に弱いのが難点。直射日光の当たる窓ガラスの補修に使用すると、貼付けた接着剤部分がドロドロ・ベタベタになってしまいます。テープ類で最も適しているのは「キッチンテープ」が挙げられます。台所周りの隙間を埋める時にも使うアルミ製のテープであり、防水効果も高い代物です。大きさや状態にもよりますが、ヒビが入っている窓ガラスはとても弱っています。小さなヒビ程度だと油断して触れたら、いきなり割れる可能性もあるため十分注意してください。ヒビが入ってしまった場合、ヒビを覆う大きさのガムテープを上から強く抑えないようにそっと貼って補強しておきましょう。あとはそれ以上窓ガラスに負荷がかからないように、ダンボールなどで風よけを作りましょう。

パテや接着剤などを用いる修繕方法

公共の施設や商業施設などの窓ガラスが破損した場合、見栄えもあるので専用のパテなどを使用して補修することも可能です。ただ、窓ガラス専用という製品はないため、カー用品のフロントガラス補修剤などで代用しましょう。ただし、一般的な窓ガラスと車のフロントガラスでは、厚さや強度、そしてガラスそのものの性質も異なるため、一旦きれいになったからといって、放置しないようにしてください。先述の通り、あくまでも応急処置なので、必ず専門業者に依頼して確認してもらいましょう。当日もしくは近日中に業者が来る予定があるのであれば、そのタイミングまでの応急策として、アロンアルファなどを埋め込んでおく、ということも有効な方法となります。ただし、ヒビ割れに何か薬剤を流し込んでしまった場合は、交換前提となってしまうので注意しましょう。